オートサービスショー2017に出展致します。

2017年6月1日〜3日
東京ビッグサイト
出展ブース:株式会社バンザイ様ブースにて出展

オートサービスショー2017詳細はこちら



 


「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2017の生産性向上について評価していただいて選定されました。

弊社は平成29年3月23日に、今までの生産性向上のための取り組みをご評価いただき、経済産業省 中小企業庁から刊行される「はばたく中小企業・小規模事業者300社 2017」に選定していただきました。
この光栄を励みにして、これからもお客様に安全でスピーディー、かつ経済的で環境にも配慮したタイヤサービスを安定的に提供して参る所存です。

今後もより一層のお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」生産性向上のページ


詳細ページ



 


ジャパントラックショー2016出展の記事が掲載されました

クリックすると詳細が見られます

RK通信社 (タイヤ新報 9月12日付)

自動車春秋社 (自動車タイヤ新聞 9月7日付)



 


ジャパントラックショー2016出展

2016年9月1日〜3日神奈川県パシフィコ横浜で開催される「ジャパントラックショー2016」に出展致します。

詳細は、こちら



 


平成28年7月13日より株式会社バンザイ様と提携し、国内のバンザイ様拠点の7か所で商談展示会を開催する運びとなりました。

このイベントは2年ごとに開催されるバンザイ様の

お客様向け商談会で「バンザイフォーラム2016」

と称され新しい商品の展示や、新規ビジネス等が

セミナー形式で紹介される地域ごとに開催されるイベントです。

今回このフォーラムに、弊社の新商品 トヨタ・ハイエースベース・タイヤサービスカー「チャービー」を出展致します。

また弊社代表の三輪が、セミナーに登壇する予定です。


詳細はこちら




 


トヨタ・ハイエースベースのサービスカー「チャービー」新発売

「ハイエースベースサービスカー」には下記の2種類がございます。

クリックして詳細を御覧ください

■ 乗用車用タイヤサービスカー

■ オイル交換等の自動車整備サービスカー(3か月点検等定期点検出張車)



 


6/19・20・21のオートサービスショーに新製品のチャービー(ハイエースベースでの自家発電装置搭載サービスカー)を出展しました。

たくさんのご来場誠にありがとうございました。



 


経済産業省の充電インフラ補助金の対象商品に車載用(車)として全国で初めて認定されました。

弊社の電気自動車用移動急速充電車「Q電丸」True-G50 出力50kW、「Q太郎」True-G20 出力20kW が、経済産業省の充電インフラ補助金の対象商品
車載用(車)として全国で初めて認定されました。

次世代自動車振興センターHP


補助金対象認定機種一覧





 


経済産業省 近畿経済産業局様より「新連携事業計画」の認定を受けました。

2014年7月7日付けで、経済産業省 近畿経済産業局様より「新連携事業計画」の認定を受けました。

経済産業省 近畿経済産業局

中小企業庁





 


2014TRDラリーチャレンジ in徳島

株式会社モビリティープラスのEVラリーカーが、TRDラリーチャレンジのゼロカーに!!

詳しく見る



 


急速充電機能付車載ローダ「Q太郎」が掲載されました

Responseに掲載されました。

【オートモーティブワールド14】
EV社会で必須となる急速充電機能付き積載車

詳細はこちら


xacarに掲載されました

Q電丸の弟分? Q太郎を紹介しましょう!

詳細はこちら



 


CHAdeMO第20回整備部会にて急速充電機能付き車載ローダー車「Q太郎」につきまして発表いたしました。

弊社代表取締役 三輪智信が12月17日チャデモ協議会

第20回整備部会におきまして、急速充電機能付き車載ローダー車「Q太郎」につきまして発表いたしました。


自動車評論家の館内氏も「日本一周・チャデモ急速充電の旅」につきまして、最終報告を発表されました。



 


2013.12.3 震災後初、東北宮城県に弊社の最新型タイヤサービスカーが無事に納車となりました。

「安藤タイヤ出張サービス」様

タイヤショップを退職、独立されてこれからいよいよ開業されます。

お若いのに本当にスゴイです。

ご本人曰く、「お陰様でどこへ行ってもこのクルマで目立ってお仕事をさせていただいています。
すでにお仕事の依頼も予想以上に反応があって、嬉しい誤算です!」 

とのこと。

こちらも嬉しいです!

なんとか冬タイヤ商戦に間に合って、頑張って製作をさせていただいた甲斐がありました。

宮城県は震災の復興工事が目白押しで、県内を走る工事車両もかなり増えてきているそうです。

これから益々お忙しくなられますね。

東北の復興のためにも、お身体に気を付けて頑張ってくださいませ!



 


全日本ラリー選手権史上初!

ガソリン車のなかで戦う電気自動車

Q電丸サポート国沢リーフ 初優勝!!


http://clicccar.com/2013/10/31/234527/



 


10/29(火)にαステーションにラジオ出演しました。

第4回知恵ビジネスプランコンテスト認定
αステーション出演の様子

http://chiebiji.kyo2.jp/e430237.html



 


株式会社FUKUDA様のIBCローリーサービスカーの納車式に行ってきました。

本日2013.10.7、午後1時から京都商工会議所様におきまして

株式会社FUKUDA様のIBCローリーサービスカー

の納車式に行ってきました。

この車両は、昨年開発したQ電丸のシステムを搭載した

車両で、京都商工会議所が行っている第4回知恵ビジネス

コンテストの認定企業同士のコラボレーション事業と

なりました。


第4回知恵ビジネスコンテストの認定企業一覧

プレスリリース



 


電気自動車(日産リーフ)が、全日本ラリー選手権史上初の表彰台獲得!!

平成25年8月23日(金)〜25日(日)、JAF全日本ラリー選手権第6戦「第49回大阪電通大チャリティーラリー丹後半島ラリー2013」が開催されました。

昨年から丹後半島に開催地が移された全日本ラリーの京都ラウンドは、京丹後市が後援となり、京都府丹後文化会館を拠点に天橋立などが見える風光明媚な場所をルート設定するなど、新たな試みが注目されているラリーです。
スペシャルステージはすべてターマック(舗装路)ですが、前日に襲ったゲリラ豪雨の影響により、落ち葉や土砂など路面状況のよくないステージもあるという状況でした。

SSは初日に9本、2日目に5本設定され、2日間のSS走行距離103.33km、総走行距離348.35kmで争われました。

今回のこの大会で、自動車評論家でありラリーストの国沢光宏氏が駆る電気自動車(日産リーフ)が、全日本ラリー史上初となるガソリン車の大会で電気自動車が表彰台を獲得するという快挙(JN1クラス 第3位)を成し遂げて、入賞及びポイント獲得を果たしました。

競技車両は、ロールケージやサスペンション等、車体の補強は可能ですが、車両規則によりパワートレイン(動力伝達系)の改造は許されておらず、1回の充電で走ることができる距離が短い電気自動車は、当初関係者の予想では完走すら難しいのではと予想されていました。

このチャレンジングな試みをバックアップしたのが地元、京都の企業チーム。

モーターならではの加速や、バッテリーによる低重心化といった電気自動車ならではの走行性能やポテンシャルを、ガソリン車の大会で一般のラリーファンにアピールするという目的で全面的に応援しました。

競技戦略上、最もポイントとなる充電については、?モビリティープラス(京都市山科区小野鐘付田町10−2、三輪智信社長)が昨年秋に開発した急速充電車「Q電丸」を派遣。

SSの直前で短時間ながら多頻度に空中給油ならぬ路上給電を実施し、リーフの走りを支えていました。

またサービスパークと呼ばれる競技車両をメンテナンスするキャンプ(テント)には、ニチコン?(京都市中京区烏丸通御池上る、武田一平会長、吉田茂雄社長)のLEAF to homeによって電源が供給され、チームキャンプ内の照明を始め、スポットクーラー、電気調理器具等を稼働させていました。尚、電源車としてのリーフは、京都日産自動車?(京都市南区西九条高畠町45番地、椎根保朗社長)、峰山店(京丹後市峰山町新町1581−1、田畑年規店長)より大会期間中にわたり貸与されました。

?モビリティープラスの三輪社長は、次回は10月下旬に愛知県新城市で開催の新城ラリーに参戦する予定です。
トヨタ自動車のお膝元で地域をあげて盛り上がる大会であり、豊田章男社長自らもドライバーとして参戦されるはず。

今大会以上の成績を目指して、電気自動車のポテンシャルをアピールし、電気エネルギーを活用した新しいビジネスモデルの輪を広げていきたいとコメントしています。




 


タカラ物流システム?様が自社専用大型車に採用

後輪ダブルタイヤを単輪化、ミシュラン駆動軸用ワイドシングルタイヤと、横浜ゴム
タイヤ空気圧管理システム

日本ミシュランタイヤと?三輪タイヤは、7月4日、タカラ物流システム?(京都府宇治市、上坂良秋社長)の「いすゞ・ギガ」15トン積載大型トラック(6×2)の後輪2軸車にトラック・バス用スーパーシングルタイヤ「MICHELIN X One」と、タイヤ空気圧モニタリングシステムTPMS(Tire Pressure Monitoring System)「横浜ゴム HITES」を装着したと発表しました。装着タイヤサイズは、455/55R22.5 164L。

日本ミシュランタイヤ

横浜ゴムタイヤ


「X One」は、トラックの後輪に装着されている2本のタイヤを1本にするというコンセプトで、トレーラーの遊輪用としてだけではなく、強大なトルクのかかる駆動軸用としても使用されることを前提に設計されており、従来のダブルタイヤ装着車両と比較して、約200kgもの軽量化を実現できます。これにより、最大積載量を大幅に高め、一度に輸送する量を増やすことで運行便数を削減し、環境への負荷低減とコスト削減を同時に達成することが可能です。

タカラ物流システム?様は、全国で宝酒造?様をはじめとする酒類や食品の輸送業務をされている大手物流会社です。

従来から環境負荷軽減と、効率的な輸送システムの構築に積極的に取り組んでおられ、トラックメーカー、ボデーメーカーの協力のもと、いすゞ自動車ギガをベースに車体を最大限に軽量化、積載量を最大の15トン確保可能な車両を同社オリジナル車両として開発販売されてきた経緯があります。しかし近年は、環境対応型エンジンや排ガス浄化装置の搭載、装備の充実化に伴い、どうしても車両重量が増加する傾向にあるなかで、最大積載量15トンの確保が課題となっておられました。

そこで?三輪タイヤ(京都市山科区、三輪智信社長)が、2年ほど前から同社に対し、車両の軽量化と、燃費性能アップの決定的なソリューションとして提案させていただいたもので、その後トラックメーカーであるいすゞ自動車様に対し、安全性や採用のための要件の調査を要望、新車装着に向けての技術的なご検討を頂き、今回の装着が実現しました。
今回、後輪2軸車としましては日本国内採用第1号車として登録、7月2日、関係者が注目する中で、めでたく納車となりました。
同車は、今後近畿圏で運行され、続けて2台目が関東圏に導入される予定で、実際の運行から、燃費やタイヤライフ等の実証試験データを収集させていただく予定です。

またこれらの結果は、年内(11月頃)にタカラ物流システム?様より発表される予定です。

「X One」はミシュランのプレミアムワイドシングルタイヤシリーズとして、北米では100万本以上売れている実績がある大ヒット商品です。
スペアタイヤを装備しないために、タイヤ空気圧管理システムの装備が必須となりますが、現在の燃料価格高騰の折、後輪2軸の25トン車導入をご検討の際にはぜひトラックディーラー様や私どもにご相談していただければ幸いです。



 


全日本ラリー選手権で、電気自動車初参戦!!

■Q電丸全日本ラリー選手権で大活躍

詳しくはこちらから

■全日本ラリー選手権において、国沢光宏さんの駆る電気自動車日産リーフの充電をサポートしています。

詳しくはこちらから



 


7月2日〜3日 ヒルトン東京にて、EV/HEV Commercialisation Japan 2013 が開催されます。

7月2日〜3日 ヒルトン東京にて
EV/HEV Commercialisation Japan 2013 が開催されます。

株式会社モビリティープラスが、ランチスポンサーとして協賛し、弊社代表取締役 三輪智信が下記の内容にて登壇します。

移動可能なEV急速充電車「Q電丸」が可能にする新たな充電スタイルと様々な用途への移動体電源活用の可能性

Discover a new style of mobile EV rapid charging made possible by “Q Den-maru”
vehicle: Examine various use scenes of mobile EV charging

カンファレンス概要
http://www.evupdate.com/electricvehiclejapan/jp-index.php#subnav1

プログラム
http://www.evupdate.com/electricvehiclejapan/jp-conference-agenda.php



 


EV・HEV 駆動システム技術展に出展します。

電気自動車用移動急速充電車「Q電丸」を出展します。

会期:2013年1月16日(水)〜18日(金) 10:00〜18:00

会場:東京ビッグサイト

東京ビッグサイト「EV・HEV 駆動システム技術展」Webサイト



 


日本経済新聞のホームページで紹介されました。

EVフェスティバルで出展致しました、EV用移動急速充電車「Q電丸」の記事が、日本経済新聞のホームページで紹介されました。

記事を見る



 


「電気自動車用移動急速充電車」開発、発表について多数サイトに紹介されました。

株式会社三輪タイヤが開発した、「電気自動車用移動急速充電車」について多数のメディアに紹介されました。

京都新聞


マイナビニュース


autoblog


autoblogギャラリー


レスポンス


PRリンク


アメーバニュース


ザッカー



 


SAILUN製タイヤの取り扱い始めました。

SAILUN製タイヤの取り扱い始めました。

ダンプ用タイヤ(S917)、全天候トラック用タイヤ(S737)の取り扱いを始めました。

詳細はこちら



 


レバーレスタイヤチェンジャー搭載

出張サービスカーに乗用車用レバーレスタイヤチェンジャー(26インチ対応)を搭載いたしました。これで出張でもランフラットタイヤの交換にも簡単に対応できるようになりました。(要予約)



 


夢のタイヤチェーン

ドリームエコチェーンの取り扱いを始めました。京滋地区では三輪タイヤが代理店となり、みなさまにご紹介させていただきます。

詳細はこちら



 


年末年始休業のお知らせ

お客様各位

拝啓
師走の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

さて弊社では、本年度の年末年始の休業につきまして下記の通りとさせていただきます。

【2011年12月30日〜2012年1月4日】

新年も皆様のお役に立てますよう、スタッフ一同さらなるサービスの向上に努めてまいりますので、何卒ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
敬具



 


2011年11月 下記の認定及び承認を得ました。

京都府中小企業応援条例に基づく研究開発等事業計画(京都府元気印中小企業認定制度)認定

詳しくは

中小企業新事業活動促進法等に基づく経営革新計画の承認

詳しくは


承認及び認定日 平成23年10月13日



 


2011年9月 レバーレス全自動タイヤチェンジャー車(ハイブリッド仕様)を導入しました

レバーレス全自動タイヤチェンジャー車(ハイブリッド仕様)を導入しました



 


2011年9月3日京都本社リニューアルOPEN

2011年9月3日
京都本社リニューアルOPEN



 


2011年7月 平成23年度 きょうと元気な地域づくり応援ファンド採択事業に選ばれました

平成23年度 きょうと元気な地域づくり応援ファンド採択事業に選ばれました。

詳しくはこちら



 


お盆休み及び京都本社・店舗改装工事のお知らせ

お盆休みにつきまして下記の通りとさせていただきます。
なにとぞご高承賜りますようお願い申し上げます。

【2011年8月13日(土)〜2010年8月16日(火)】


京都本社・店舗改装工事を下記期間行います。

改装工事期間中も、同場所におきまして、仮設事務所にて通常通り営業

させていただきます。

工事内容によりまして、ご来店のお客様にはご不自由をおかけすることが

あるかもしれませんが、何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。

工事期間 8月1日から9月末まで

なお、10月1日より京都山科本社・店舗は、タイヤランド山科店として

リニューアルオープン致します。


今後も皆様のお役に立てますよう、スタッフ一同さらなるサービスの向上に努めてまいりますので、何卒ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。



 


2011年4月

産業廃棄物収集運搬業認可、古物商取得しました。



 


2011年3月 京都府より知恵の経営実践モデル企業に認証

京都府より知恵の経営実践モデル企業に認証されました。

詳細はこちら



 


株式会社三輪タイヤのホームページを公開

京都・滋賀のタイヤ販売・出張交換を行っております株式会社三輪タイヤのホームページを公開致しました。

弊社関連サイトもご覧下さい。

PCの方はこちら
タイヤプラン

携帯の方はこちら
タイヤプランモバイルサイト

PCの方はこちら
株式会社モビリティプラス

携帯の方はこちら
株式会社モビリティプラスモバイルサイト